2008年09月18日

香港食べ歩記2008-満福楼-

今度は香港のネタで。

二日目の夕食に選んだお店は満福楼。ニューワールドルネッサンスホテルのダイニングです。

こちらのお店も我が家族全員お初。以前から、地元の人びとで賑わうレストランとしてチェックしていたところ。

香港に来たならば、お昼もとんでもない量を食べるので夕食の時間もおのずと遅めに。20時過ぎてから来店しましたが、ほぼ満席。人気のほどが伺えます。

アラカルトでオーダー♪

manpukuzensai.jpg


前菜。嬉しいことに、前菜メニューの中から好きなものを三種類選べるものがあり、こちらに。
隠れて見えにくいですが蒸し鳥と豚皮のパリパリなやつ。それとクラゲ。

クリスピーな豚皮が美味しすぎて美味しすぎて・・・。今後のお料理も全部楽しみになっちゃいますよ。

manpukuhukahire.jpg


スープは奮発してフカヒレ。
今まで食べてきたフカヒレスープとは全然違う!!まずはスープはとろみなし、中華版お吸物とでもいうのでしょうか、濃い味付けでごまかしてる感が無くってスープの旨みだけ感じられます。



manpukubutaumena.jpg


豚肉とお茄子と梅菜の蒸したん。そんな感じのお料理。梅菜とは日本でいうと高菜ライクなもんらしい。シェフのお奨め料理のこの類のお料理は美味しいとのことでオーダー。
運ばれるとともに八角の香りが・・。前日に食べた、無錫風スペアリブの再来か??と引いてしまいましたがお味はなんの、大変よろしかった。


manpukukaibasira.jpg


帆立の炒めたん。味あっさり、かごももちろん食べられます。


manpukukanitume.jpg


蟹の爪のフライ。


manpukusubuta.jpg


酢豚。



manpukugyuuasupara.jpg


牛肉の炒め。


bouchai.jpg



〆はボウ仔飯。土鍋で炊いてあるのでおこげもたのしめる♪
屋台の味、ボウ仔飯を楽しめるダイニングとして有名なだけにはずすわけにはいかないメニュー。鶏とドンコをチョイス。
うなぎのタレのような甘辛いソースと油を好みでかけて食べるのですが、初めての味!自宅でもマネできるはずなので、そのうち作ってみようともくろんでおります。


以上、洗練された内装などではないけれど、味の期待を裏切らないレストランで、リピート決定です。
posted by 華 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106748111

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。