2008年06月02日

正午の茶事、懐石など。

昨日はお茶のお稽古のいわば発表会??である、お茶会を先生のご計らいで催させていただきました。

お茶会といってもお薄とお菓子だけの軽いものや、点心にお濃茶、お菓子など色々ありますが、今回は懐石や炭手前にはじまり濃茶、薄茶で終わる本格的なもので約三時半から四時間ほどかかるたいそうなもの。こんな長時間の茶事を一日2席も!!亭主役はそれぞれ2名が担当、計4名で勤めさせていただきました。

茶事というのはすべてがお濃茶をおいしく頂くためにあるもの。大変手間がかかる懐石料理もその日のために趣向を凝らした主菓子もすべてがお濃茶のためらしい。そんな主役のようで脇役の先生の力作である懐石やお菓子達をご紹介。


tyakaizenn.jpg


まず最初にお出しするお膳には飯、汁、お向を。汁ものは本葛で作った水無月豆腐が入っています。


mukoutyakai.jpg


お向はさよりの昆布〆新茶和え、水前寺のりとわさび添えとあわびの肝和え。
さよりは昆布がよう効いて、身も締まっており大変美味しい!!お酒は名手酒造の黒牛をお出ししましたが、ほんまお酒が進みそう。


tyakaiwannmono.jpg


メインでもある椀物は、車海老のしんじょ、じゅんさいのお汁に柳松茸と松葉柚をあしらいます。
しんじょはこれでもか、というほどたっぷりしたもの。


tyakaiazuke1.jpg


預け鉢の炊き物、湯葉と落ち子芋、三度豆。


tyakaiazuke2.jpg


預け鉢の焼き物、すずきの木の芽あえ。塩加減もよく、身もほっこりで美味しかった。



tyakaiazuke3.jpg


さらに預け鉢。いわしの生姜煮と長芋と茗荷の酢の物。


お料理はこのほかに小吸物、八寸として揚げあわびと空豆、香の物などなど。ご飯もお替りとして2回おひつを運ぶしお汁も一度変えるので、懐石=ほんのちょっっとお腹を満たす、どころでないかも。


こんなにたっぷり&豪華な懐石の後はお濃茶をさらに美味しく頂くための主菓子が・・。


tyakaiomogasi.jpg


なんと三種〜!!

今回の濃茶のお手前は゛唐物゛という、応用チックなもの。その場合はお菓子は一種ではなく、このようにとりどりのお菓子を用意するそう。
三種のうち、一種は水菓子=果物を用意するのが通常のようだけど、ただの果物ではおもしろくない、ということでお菓子屋さんに果物を使ったお菓子もオーダー。大ぶりのキウイを使った゛涼泉゛。ジョウヨ饅頭は゛田園゛、きんとんは゛雨上がり゛という銘。すべて最高!!

ちなみにお濃茶は辻利さんの゛壺中の昔゛を使わせていただきました。すべて終わってから最後に皆で頂きましたがすごく飲み易い、大変美味しいお茶でございました。


hogasityakai.jpg


お薄の時のお干菓子は千本玉寿軒のん。

と、お手前中はすべて写真撮影など控えていたのでお料理だけの写真となりましたが大変有意義なお茶会を体験させていただきました。今まではお手前のお稽古に必死だったけど、これからは懐石の勉強もちょっとはせなあかんな〜と考え中。新たに目標のできたお茶会でした。

posted by 華 at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

2〜3月に食べたお菓子

2月中はお稽古の時にいただいていたお菓子をUPしていなかったのでまとめて。

yukimoti.jpg

雪餅(下)と咲き分け(上)。
雪餅は毎年2月には先生が注文してくださるので、今年も一度はいただけてうれしい。
ツートーンの咲き分けは紅白の梅モチーフらしく、これも2月のお菓子。こちらは雪餅をすでに食べた社中さん用で、私は我慢。


sitamoe.jpg

下萌。
見た目とネーミングからすぐ想像できるかと思いますが、雪の下から萌える若草の芽。春の到来ですね。



earabimiti.jpg

わらび餅。
わらびの茎の部分から出来たプルプルのわらびの中はこしあんが。美味しすぎて身悶えです、これは好評なので次回のお稽古でも注文していただけるとか♪

いつもお菓子のネタばかりですが、チャレンジするお手前も巾が広がり、基本の濃茶手前をすっとんで四ヶ伝(しかでん)なるものを頑張っております。こちらのお免状をいただける日も近い??

posted by 華 at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

迷う

今週のお茶のお稽古はめずらしく、火曜日の夜の部に参加してまいりました。

先生の到着の少し前に着いていたので準備のお手伝いなど。1番乗りのおかげか炭をおこしたあと、はじめて後炭のお手前を教えていただきました。
初炭でさえあやふやだというのに・・・。

tamajyutoriawase.jpg


お菓子はいつものようにご銘の書いた紙がないので不思議に思って中をあけるととりどりの生菓子。今回は千本玉寿軒のお菓子を用意くださったようで、いつものお菓子屋さんのも好きだけど、これはこれで嬉しいもの。

迷って茶色い粒餡のを選びました。
posted by 華 at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

火祭

先日のお茶のお稽古は初釜を除いてお稽古始め。前半はお習字のお稽古。故に後半のお茶ではテンション下がり気味になるのが大抵の事なのですが、今回はどうしてどうして、初日ということで気合が入って久方ぶりの゛重ね茶碗゛のお手前もなんとかすんなり。

この集中力の源を考えたのですが、お習字の前に消費した主菓子のおかげだったのかも・・。


himaturi.jpg


虎屋の羊羹。季節限定バージョンの゛火祭゛。
毎年1月16日に行われる宮中行事の歌会始の儀のお題である゛火゛をモチーフに作られているお菓子のようです。(ちなみに来年のお題は゛生゛らしいのでそれにちなんだ羊羹がいただけるのでしょうね。)
火にふさわしく、鮮やかなカラーの羊羹。真中には違う食感の素材が使用されており、単調さも排除。しかも厚切り〜♪

やっぱり羊羹は虎屋が美味しい♪
posted by 華 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

お初釜&同窓会

新年明けての6日は午前中初釜、午後は中高時代の同窓会ととてもあわただしい一日でした。

初釜は9時半過ぎには集合。京都の実家に前泊していたので着付けに髪のセットは母に。大将軍のお稽古場まで兄に車で送ってもらうなど、気分はお嬢さんな主婦。

先生の新年早々のご挨拶、大福茶に続いての点心。


sannyuukyo.jpg



wanmono.jpg


お茶事専門の仕出屋、三友居さんのもの。干し柿のはいった紅白なますは別のお店ながらも昨年のお初釜でもいただきました。定番なのでしょうか。鯛の湯引きも海老プリのしんじょも大変美味しく、さほどのボリュームではないような気はするものの、完食後はお腹パンパン。


hanabira2008.jpg


毎年恒例の花びら餅。白味噌餡が、相変わらずこっくりしていてとろとろの御餅とようあいます。甘いごぼうも美味しい。


この後濃茶をいただいて、同窓会のため中座する私のために余韻もなくくじ引きを。多少バタバタさせて皆さんにはご迷惑をおかけしました・・。


くじ引きも楽しみのうちの一つ。今年は先生にも奮発していただいて、お茶碗の景品が多数、のはずが、あたったのは少数派の袱紗。京友禅の可愛らしい柄が入っています。その他懐紙や紙子茶巾など消耗品もいただいて助かります。来年はお茶碗があたりますように・・・。

hukusayuuzen.JPG





dousoukai1.jpgこの後、お薄も頂かず次の同窓会会場へ。高校は当時11クラスあり、総勢500名近くの生徒がいたと思うのですが、卒業以来16年も!経ったこの日に100名以上の同級生が会場の東急ホテルに集結。
妙齢の女子ばかりの会場は迫力。美しかった同級生はより美しく、目立たなかった同級生も゛どちらさん?゛バリに美しくなってたりで、人それぞれの生き方がちゃんと反映されてる風でおもしろい。同行していたkikiちゃんも、『キラキラした人たちがいっぱいで、良い気をもらった』とコメントしておりましたが、ほんまそんなかんじ。体内が活性化されました。



新春早々楽しいながらもどっと疲れた一日、でございました。







posted by 華 at 11:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

炉開きは美味しい!

早いもので、11月になり(3/2過ぎましたが・)お茶の世界では炉開きの季節。今年も先生にお茶会を催していただきました。

お楽しみは先生お手製のおぜんざい!!丹波産のお豆がたっぷりなのです〜♪が、今回は奮発していただいて、軽くお膳も出していただきました。

robirakiiwai.jpg


千本今出川にある、゛金時゛さんのお赤飯と先生お手製の柿のごま和え。金時さんのお赤飯は、塩っけが利いていてそのままでとても美味しい。それゆえごま塩もついてこないそうです。

感激したのはごま和え!柿と、きゅうり、長芋に大根を短冊にしたものに練りゴマとお醤油をちょびっとで、柿のほんのりした甘味の利いた大変美味なる一品でした。

robirakisiruko.jpgそして主役のおぜんざい♪ほっくり&こっくりなお味。上品な甘味がひろがります。こんな上手に炊けるようになりたいもんです。


今年は亭主として濃茶を練らせていただいたのですが、鼻炎が酷くて注意力が鈍り、たいがいなお席になってしまいお客様がたには失礼してしまいました。とほほ。
posted by 華 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

秋のお菓子

めちゃめちゃ久しぶりの更新。

沈黙(?)を守っていた間、何があったという訳ではなく、なんとなく遅い夏休みをとっていたら、気がつけば秋になっていたような・・。

そんな感じです。

また今後もコツコツ更新させていただこうと考えておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。ペコリ。


さてさて、お茶のお稽古も通常8月は夏休みなのですが、9月も日程が合わなかったりなんなりでまるまるお休みさせていただいて、2ヶ月間もお稽古にいかないのは体や頭がついていくか心配でしたがなんとかどうにか・・。

今月はすでに2回お稽古に行ったのだけど、その時頂いた主菓子。

まず10月第一週。

notinotuki.jpg


後の月

さて、私は堂々と゛あとのつき゛と読んでいたのですが、先生に゛あとのつきてー!とつっこまれ、笑われました。

゛のちのつき゛だそうで。あぁ、そのほうがお茶っぽいですね、と軽く凹む。ぱっと見て見覚えがあったのですが、昨年の10月にもまったく同じような、゛花すすき゛というお菓子をいただいた。月に模様が入ってたり、ススキの押し方も微妙に違うようですが。


そして第二週。

yamamomiji.jpg


山紅葉

秋っぽくない!春やん!とつっこまずにはいられなかった。先生もお菓子屋さんに注意しときます、とな。でも美味しいからまぁ許す。(目線高い?)

今週あたり、じょうよ饅頭がいただけるのかな?楽しみです。

posted by 華 at 18:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

水ぼたん

梅雨で体がじめじめと不快なだけでなく、心もくさくさしがち。こういうときこそ、お茶のお稽古でピシーっと背筋を伸ばして精神統一。苦甘いお濃茶で体に活入れ。

と、その前にお菓子お菓子揺れるハート

先日のお稽古でいただいたお菓子は゛水ぼたん゛

midubotann.jpg


葛の中にあふれんばかりのぼたん、じゃなくてあんこがたっぷり〜るんるん

お稽古ではお道具の配置から、所作までが逆さになる、逆勝手なるお手前を(たぶん)初めて教えていただいて、頭の中だけじゃなく、体も???お茶碗ひっくりかえしそう。
posted by 華 at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

桜吹雪

桜の季節ももうおしまい。京都の桜はのきなみ緑が出てきて、これからのさわやかな季節を感じさせる風情。それに比べて滋賀県は今が散りごろか。まだピンクが残っていた昨日。

お茶の世界も時候にあわせたもので目と舌を楽しませてくれます。


sakurahubuki1.jpg



桜吹雪。

Yachiは゛おっ〇いか?゛などと言っていましたが、私も写すときに同じことを考えた・・・。ええ、盛ったのもわたくしでございます。




posted by 華 at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

満開の桜

今年の桜の開花時期は長いといわれているようですが、関西では今ごろがまさに満開なのでは?

先日のお稽古の主菓子は、いつも銘の書いた紙が添えられているのに今回はナシ。見てそれとすぐわかるからでしょうか。

sakutrakinntonn.jpg


桜という言葉を聞いたりするだけで、なんとはなしにわくわくしたりするものだけど、目で見て味わうのはもっとわくわく。すぐになくなりましたが。


posted by 華 at 18:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

花より花見団子

先日の日曜日はお茶の社中一同でリクレーションとでもいうのでしょうか、社中のI君のご自宅のお庭にある桜などを愛でながらのお花見&茶会。

社中だけでなく、先生のお友達や、私もYachi同伴させていただき、総勢14名でI君のご自宅に押しかけたのだけど、そんなの問題ないくらいの広さの豪邸でテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

残念ながら桜の見頃にはすこおし早かったようですが、広いお庭での野点では美味しい花見団子をいただきました。

hanamidango.jpg


つるつるの花見団子ではなく、練りきりやヨモギ餡の中に白餡が入っていたりでボリュームもすごい〜。こんな美味しい花見団子初めて食べました!!

hanami.jpg


お茶会の後は皆でお弁当を食べ、女子が其々手作りしてきたお菓子片手にティータイムとず〜っと楽しくおしゃべり。写真は沢山撮ったけど、主役の桜のは一枚もなく・・。まったく花より団子をジで行くお花見でございましたるんるん

posted by 華 at 20:38| Comment(7) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

雪餅

先日のお茶のお稽古で頂いたお菓子は雪餅。

yukimochi.JPG


この雪餅はお菓子屋さんが創作したものとは違い、花びら餅やひっちぎり同様季節ものの定番品だそう、ただちょっと時期は長く12月〜2月の冬季限定(?)品。

水分含有率80%はあるんじゃないか?というくらい、しっとりでもふわふわのつくね芋でできた餡の中は、うっす〜らと黄色い餡が。中の餡は黄身餡だそうだけど、ここのはそんなに卵の味がしなかったような。

一口食べると、まるで冷たくないアイスクリームみたい!!と個人的には感じてしまうのですが、はかなく口の中で溶けていくのはやはり見た目だけでなく、食感も雪っぽいからでしょうか?
posted by 華 at 10:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

お多福

昨日の節分の日はお茶のお稽古。

otahukujyouyo.JPG


主菓子は゛お多福゛さん。
しもぶくれのお顔の中には美味しいあんこがたっぷり。まずおちょぼ口を取ってから食べました(笑)。


otahuku.JPG


お干菓子もリアルお多福さん。ぷくぷくのホッペと叶姉もびっくりのプックリップ。


ohukusann.JPG


お薄茶碗は華も廉価版を愛用の百福(おふく)茶碗。


鬼の出るまなしの節分でした。
posted by 華 at 12:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

冬紀行

先日のお茶のお稽古は、書道のお稽古と同じ日だったので、一時間ほどでおしまい。早い目にお伺いしたので初墨のお手前を久しぶりに教えていただきました。
けどお濃茶とお菓子はしっかりといただく、これ基本。


huyukikou.JPG


冬紀行というお菓子。

たぶん、椿をイメージしてあるんだろうけど、質感など夏のお菓子っぽい。中は白餡と粒餡が入ってておいしかったけど。
きんとんとかじょうよ饅頭が続いていたので、口には新鮮でした。
posted by 華 at 11:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

雪がけの松

先週末のお茶のお稽古に出た主菓子。

yukigake.JPG


雪がけの松。

雪かくれの松?どちらだったかご銘失念です・・。一応社中さんのあんこちゃんにも確認したのだけれども、覚えてらっしゃる社中さん、この記事を見られてピンときたら、ご一報くださいまし。。

ちらちらと雪がのってる風だから、やはり゛雪がけ゛かな?気になる・・。


松は一年中その緑色を絶やさぬことからおめでたいものとして、新年を象徴するような植物。1月によばれるお菓子のモチーフにはぴったりかも。今年は幸か不幸か雪が本当に少ないので新鮮に写ります。これも目と味覚で楽しませていただきました♪
posted by 華 at 14:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

お初釜

先の日曜日はお初釜でした。
1年前のお初釜もついこの間のことのように感じるのに、月日の経つ事の速さに驚きつつも、先生、社中一同笑顔で集まれることに幸せを感じます。

11時〜の開始ですが、みな10時には集合(華はかなり遅刻しましたが・・)、各自の役割をてきぱきとこなしてらっしゃいます。

そして広間に集まりお茶事開始。

oobuku.JPG


まず梅と昆布の入った大福茶が振舞われます。梅は強い殺菌作用があり、疫病退散にも利用されていたとか(先生談)。お正月のお祝い茶です。



torisumidemae2.jpg


ベテランぴかぴか(新しい)、とりくんの初墨。



hatugamatensin.JPG


点心はたん熊さんのもの。華の担当は点心のお運びで、椀物の温めやお酒のお燗、お酌に八寸の振る舞いなどバタバタで時間はないものの、ほかの方よりもぎょうさん食べてました・・・。小鉢もので、干し柿をゴマ味噌で和えたものが皆に好評。



hanabiramoti.JPG


本日の主菓子はこれしかないでしょう、゛はなびら餅゛。御餅の中には桜の香りがする味噌餡と炊いたごぼう。お正月の味です。




hatugamakoitya.jpg


濃茶のお手前は先生が。しっかりと練れており、とても美味しくお手前も参考になります。




hatugamakagetu.jpg


神妙な面持ち?でお濃茶を頂いたあとはくつろいでお薄を・・。お薄は゛花月゛というお茶を点てる人、頂く人をくじ引き感覚で決めるお手前で。華も今年初のお手前。




hatugamahigasi.JPG


お干菓子。猪の型の落雁が可愛い。猪の行列のように愛らしく揺れるハート盛り付けたのは若い社中さん。




hatugamayachito2.jpg


早めにお迎えにきてくれた車(RV)Yachiも、広間に通していただいてお薄を振舞っていただきました。




hatugamasyuugou.jpg


社中一同でパチリ。オメデタの社中さん以外女性は皆着物姿。皆さん素敵な着物や帯をお召しで和装の勉強になります。


お茶事は16時過ぎまで続いたのですが、この他おみかんや、市田の干し柿などもよばれてお腹いっぱいに。
先生からのプレゼントプレゼントのくじ引きでは楽茶碗を狙うもお茶が当たりました。まだまだ腕前がたりないということでしょうか・・・。とっても楽しい一日で、今年のお稽古ライフにも力が入りそうなお初釜でございました。



posted by 華 at 10:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

柚子じょうよう

冬至の翌日だった先週の土曜日、お茶のお稽古がありました。いつもながらまず最初にチェックしたいものは・・・

yuzujyouyou.JPG


柚子じょうよう。

ボコボコさなど、みたまんま柚子で可愛らしい揺れるハート
いつものお菓子屋さんのものではなく、お茶の盛んな島根県松江市の彩雲堂さんからお取り寄せしていただいたもの。中の餡から柚子の香りが漂います。
柚子風呂こそ入っていませんが、これで風邪などひかず、冬を越せますように・・・と願いながらじっくり味わう。

今年一年も美味しいお茶とお菓子を頂けたことの幸せを先生とともに喜び合い、今年最後のお稽古も無事終了いたしました。





posted by 華 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

加茂の里

今日は12月に入り、初めてのお茶のお稽古日。
長板のお手前や、隅炉という、四畳半以下の狭い小間で行うお手前などお初ものを教えていただき、楽しかったるんるん
箱手前も月から雪に変わり、1年前のことなのでほとんど忘れていたりして・・ふらふら

今日の主菓子。

kamonosaot.JPG


加茂の里

蓋をあけたとたん、可愛くて歓声をあげてしまった。

京都の加茂(西加茂、上加茂あたり)はそういえば京都でも野菜がたくさん作られている地域なので、千枚漬けで有名な聖護院蕪だったりしてー。

蕪。関西では"かぶら"というのに対して、関東では"かぶ"という呼び名だったんですね。いつも"かぶら、かぶら"と呼んでいるので、今日のお稽古でも"『かぶのモチーフやねぇ』などと聞いたときに、"??かぶらじゃないの?"と一瞬混乱してしまいました。

↑、見た目はこんなだけど、茎が練りきりで、本体はこしあんのお饅頭でした揺れるハート



posted by 華 at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

栗きんとん

先日のお茶のお稽古のお菓子。この時候のものといえば・・・

kurikinton.jpg



栗きんとん。美味しい、超美味しいですよ!

天津甘栗とか蒸しただけの栗には興味はないのだけれども、先日頂いたクラブハリエのモンブランしかり、どうして栗のお菓子はこんなに美味しいのでしょうか??
旬の栗をたっぷり使った、混ざりものなしのきんとん・・・揺れるハートしかも1ヶあまったからとトータル1ヶ半もいただいてしまい。。


個人的にですが、洋菓子よりも和菓子が好きなので、お茶のお稽古にも励むことが出来るというものです。今回も非常にごきげんさんで過ごすことができました。
posted by 華 at 19:35| Comment(4) | TrackBack(2) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

炉開きのお祝い

前回のお茶のお稽古では11月に入り、炉開きのお祝いということで、茶事が催されました。昨年と同様、今年も先生お手製のおぜんざいが振舞われます。

zennzaikaki.JPG


炉開きと同時期に行なわれる行事に壷に詰められた新茶の封を開ける口切りの儀があります。この儀につきものの食べものが栗や柿らしいのですが、おぜんざいには甘くてたっぷりとした栗の渋皮煮が入り、柿も添えられています。


お茶事は三席あり、二席目の正客担当だったのですが、これは確実に失敗バッド(下向き矢印)でした・・・が、失敗あっての成長なのでこれはこれで良い経験をさせていただきました。

robirakisyugou.jpg


先生と参加した社中一同で記念撮影。

余談ですが、前記事の着物コーデの帯締めの合わせが気分ではなく、これも微妙かな?とおもいつつも青のんに替えてみましたが、こちらのほうがしっくりきました。やはり着物の色合わせは面白いです。


posted by 華 at 09:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 茶道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。