2008年09月30日

香港食べ歩記2008-映月楼-

香港最終日、帰国前のブランチがわりに行ったのは映月楼。
ここは前回Yachiと香港に行った時も最終日の朝に訪れてます。この時は雨だったので、残念ながらハーバービューを堪能できなかったのですが、今回はばっちり。

yuigetukesiki.jpg


正面にはコンベンションセンター。

食べた点心は前のものとあまり変わりはないのですが・・。

yuigetukingyo.jpg


金魚の姿をした餃子・・。


jintyann.jpg



がっつり餡のかかった福建炒飯。


yuigetuhukahire.jpg


フカフレ餃子のスープなどなど。


午前中は空いていて窓際も座りやすいし、なにより朝は点心が安いのでお奨め!!リーズナブルながら、これだけの景色が楽しめるのはいいですね♪
posted by 華 at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

香港食べ歩記2008-桃李-

3日目の夜、香港最後のディナーを堪能するぞーー!!と当初は考えていたのですが、ランチのイタリアンがかなり効いて、夜になっても家族全員゛お腹空かん・・・゛を連呼。あまり遠くに遅くから出かけるのも億劫になって、近場、というか、宿泊先である、ホテル日航香港のレストランで遅めの食事をとることに。

こちらの中華ダイニングは桃李。今まで数回利用しており、日系のホテルだからなのか、なんというかクセのあまりない、ほっとできる味を堪能できるのです。


yoiebi.jpg


蒸し海老。


hukahiretori.jpg


鶏肉の細切り入りフカヒレの煮込み。
前夜の満福楼のフカヒレスープとは全然違う、おなじみの具材たっぷりのトロミのあるスープ。やっぱこっちの方が好きかなぁ(笑)。



toridack.jpg


北京片皮鴨。
母が絶対食べるといいはっていたので・・。予約なしでもOKでよかったわ。


beigindack.jpg


↑を巻いてもらって・・。1羽で4人×2包づつ。皮だけやしな。
しかし、ちょっとでもとってもとっても幸せなのです。


torisoba.jpg


〆はソバ。食べたい種類のものがなかったので、家族が好きな、葱と豚肉の細切りのソバをリクエスト。

このほか桃李特製焼飯など。お腹いっぱい〜。

だけどデザートをとりあえず2つだけオーダー。

toridese1.jpg


豆腐花。


toripomero.jpg


マンゴープリン。

実は他にオーダーした料理が店側のミスで通っていなくてキャンセルしたんだけど、おかげで上記デザートはサービスに♪サービスと聞くと、人数分デザート頼んでおけばよかったね・・と。


やっぱ何食べても美味しかった。桃李にしてよかったぁー、と皆大満足でした。






posted by 華 at 12:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

香港食べ歩記2008-ミストラル-

香港3日目のランチはイタリアン。今回の宿泊先である、ホテル日航香港のお隣にある、インターコンチネンタル・グランスタンフォードホテル内のミストラルにて。

イタリアンの場合、ホテルランチのスタイルはだいたいどこも同じような・・。前菜ブッフェのメイン選びぃの、デザートブッフェの食後のドリンク選びぃの、です。

ミストラルは前菜ブッフェのみ、前菜+メインなどのチョイスも可能、甘いの苦手な人とか、ダイエット中の人なんかはこういうの選んでもいいんだろうけど、なんせ前菜+メインとデザートまで全部、の価格差は10HKドル(130円)!!だったりする。

inntarbuhe.jpg


前菜はホント充実しており、しかもまずそうに見えるものがない!!ハム類の豊富さもうれしい。
前種類制覇は無理、なおかつお腹がパンパンにならないように肉っけのものばかり選んで二回往復。



intermeinsakana.jpg



メインはパスタ類と肉、魚系合わせて6種類くらいあり。
パスタは飽きる&炭水化物を取りたくないので魚に。私は白身魚のグリルを。



intermeinniku.jpg


母は肉もの。
こちらメニューを見ても、ビーフとかポークとかではなく、見たことのない単語が記載。店員に聞いてもサッパリ解らずで最後まで何の肉か不明。でも一番美味しかった。

父&兄は見たことも聞いたこともない、長い太目のストロー状のパスタ、バジルソースのものにしてました。これはお腹が膨れるばかりでイマイチでいしたね。


IMG_5099.jpg


最後はデザートのブッフェ。これも種類が多く、容姿端麗なデザート達で、全部手が込んでる風なところが嬉しい!!!


メインは選ぶものによって明暗が分かれるところだけど、前菜デザートともにかなりよかった。いままで数件このスタイルのイタリアンを頂いたのだけど、こちらのお店が一番!!と満場一致いたしました。
posted by 華 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

香港食べ歩記2008-満福楼-

今度は香港のネタで。

二日目の夕食に選んだお店は満福楼。ニューワールドルネッサンスホテルのダイニングです。

こちらのお店も我が家族全員お初。以前から、地元の人びとで賑わうレストランとしてチェックしていたところ。

香港に来たならば、お昼もとんでもない量を食べるので夕食の時間もおのずと遅めに。20時過ぎてから来店しましたが、ほぼ満席。人気のほどが伺えます。

アラカルトでオーダー♪

manpukuzensai.jpg


前菜。嬉しいことに、前菜メニューの中から好きなものを三種類選べるものがあり、こちらに。
隠れて見えにくいですが蒸し鳥と豚皮のパリパリなやつ。それとクラゲ。

クリスピーな豚皮が美味しすぎて美味しすぎて・・・。今後のお料理も全部楽しみになっちゃいますよ。

manpukuhukahire.jpg


スープは奮発してフカヒレ。
今まで食べてきたフカヒレスープとは全然違う!!まずはスープはとろみなし、中華版お吸物とでもいうのでしょうか、濃い味付けでごまかしてる感が無くってスープの旨みだけ感じられます。



manpukubutaumena.jpg


豚肉とお茄子と梅菜の蒸したん。そんな感じのお料理。梅菜とは日本でいうと高菜ライクなもんらしい。シェフのお奨め料理のこの類のお料理は美味しいとのことでオーダー。
運ばれるとともに八角の香りが・・。前日に食べた、無錫風スペアリブの再来か??と引いてしまいましたがお味はなんの、大変よろしかった。


manpukukaibasira.jpg


帆立の炒めたん。味あっさり、かごももちろん食べられます。


manpukukanitume.jpg


蟹の爪のフライ。


manpukusubuta.jpg


酢豚。



manpukugyuuasupara.jpg


牛肉の炒め。


bouchai.jpg



〆はボウ仔飯。土鍋で炊いてあるのでおこげもたのしめる♪
屋台の味、ボウ仔飯を楽しめるダイニングとして有名なだけにはずすわけにはいかないメニュー。鶏とドンコをチョイス。
うなぎのタレのような甘辛いソースと油を好みでかけて食べるのですが、初めての味!自宅でもマネできるはずなので、そのうち作ってみようともくろんでおります。


以上、洗練された内装などではないけれど、味の期待を裏切らないレストランで、リピート決定です。
posted by 華 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

韓国食べ歩記2008-サムギョプサルなど-

また久しぶりの更新になってしまいましたが・・。

さ、気を取り直して韓国の続きを。

韓国のお料理といえば、焼肉!!牛の・・といいたいところですが、韓国でも牛肉は高級品、ということで巷では豚肉を焼いたものが主流。
中でも一番人気はサムギョプサル!=三枚肉ということで豚バラを焼いちゃうわけですね。

hujinoki1.jpg


こちらは明洞内の、藤の木というお店。豚バラをワイン漬けとかにんにく漬けだとか前処理したものをいただける有名店。さすが場所柄、店内は日本人率高しです。

カリカリに焼いたサムギョプサルを白髪葱、キムチ、えごまの葉、焼いたにんにくとサムジャン(お味噌ですね)などあふれんばかりの具材と一緒にサンチョで包んでほおばると、超幸せ!!韓国万歳!!


kounannyakiniku.jpg


こちらは別日に行った、江南地区の焼肉屋さんにて。アンコールでサムギョプサルと、タレ漬けの牛焼肉もオーダーしましたが、サムギョプサルのほうが美味しかったなぁー。しかも安いし。

帰国後、さっそくサムギョプサルを自宅で再現!しかしホットプレートではとめどなく流れ出てくる豚の脂の処理が大変、サムギョプサル専用の脂が落ちる鉄板買っちゃいました♪届くのたのしみ〜☆

posted by 華 at 12:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

韓国食べ歩記2008-スンドゥブ-

ソウル二日目のブランチはスンドゥブ。純豆腐と漢字では書くのだけど、お豆腐の入ったスープです。韓国の有名なお料理の一つ。
お店は明洞のイビスホテルの裏通りにある、明洞スンドゥブ。お昼にはまだ時間があったけど、地元っぽい人がチラホラ。


sundub.jpg


私は海鮮スンドゥブ、Yachiはキムチスンドゥブをオーダー。石鍋にぐつぐつ煮えたぎったスンドゥブと、これまた石鍋に入ったご飯が到着。おかずもキムチやナムル、ズッキーニのヤンニョムであえたものなどがテーブルに並ぶ。

で、ぐつぐつしてるところに生卵を落としてあとはひたすら食べる。

色の割りにあっさりしていて、海鮮の出汁(牡蠣とかえびとかアサリとか)が出てて非常にマシッソ〜!!豆腐もおぼろでフルフルです。

最初にテーブルにつくと、熱いお茶がポットで給されるので普通にコップに入れて飲んでましたが、(水も出る)これは最後、石鍋にこびりついたご飯のおこげをこそげ落としてお茶漬風に食べるのもいみたい。

このお料理は朝食にもランチにも、軽くおやつにも(?)ぴったり!お奨めです。


posted by 華 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

韓国食べ歩記2008-カムジャタン-

お盆のお休みを利用してYachiと二人で三泊四日の韓国韓国旅行。昨日帰国したところ。
まだ香港のごはんネタも全部UPしてないけど、どちらもぼちぼちご紹介していこうと思います。

14日の21時にはインチョン空港から入国は済ませていたのだけれども、市内がダダ込みで市庁近くのホテルにチェックインしたのが11時を回った頃。
夕食もまだだし、明洞あたりのお店もだいたい22〜23時頃がクローズ。
ガイドブックを利用して24時間営業のお店をチェック&見つけたカムジャタンという、豚とジャガイモの鍋が有名なウォンダンカムジャタンというお店へ。

普段は賑わう明洞も24時前ともなると人通りも少ないけれど、こちらのお店はさすが開いている数少ないお店ということもあってか結構席が埋まってました。

IMG_5134.jpg


お鍋のサイズは大中小とあって二人なら小で十分なボリューム。真っ赤だけど食べられる辛さの、旨みの出たスープが美味しい。薄い韓国ビールが丁度いいかも。
豚は背骨のあたりのお肉だそう、熱いし食べにくいし、多少の豚独特の臭みを感じるし個人的にはお肉はYachiにお任せして、春雨(これは美味しい!)やジャガイモをパクついてました。

〆は残ったスープとご飯で作る焼飯が定番のようだけど、そこまでの余力はなく、鍋だけで終了。

とりあえず初日のお腹は無事満たされることができました♪

posted by 華 at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

香港食べ歩記2008-大會堂美心皇宮-

翌二日目のランチは飲茶♪お気に入りのお店、大會堂美心皇宮へ。☆
場所は香港島の旧スターフェリーピアの斜め前、コンサートなんかをやっている、シティーホール内のレストラン。

私以外の家族はだれもここの飲茶を食べたことがなく、4年前に最後に家族で香港に行った際には改装中で残念ながらその機会をのがしてしまったのでリベンジです。

こちらのお店、体育館なみに広い(おおげさ?)にもかかわらず、お昼を過ぎるとウェイティングはテーブル待ちの人ですんごいことになるので12時までには到着されることをお奨め。お昼は予約もできないみたいなので。。

香港でも珍しくなってきたワゴン式で飲茶をいただけるのも良いところ。みんな来るワゴンの中身を見ては好き放題にオーダー。

cityhallebi.jpg


定番の蝦餃子♪


cityhallgautyoi.jpg


すぐにテーブルは蒸篭の山になります。


cityhalliroiro.jpg


我が家族、たいがいな健啖一家とは解っていましたが、みんな取りたい放題。さすがの私もまだ食べるの??と・・・。

しかし、↑の叉焼包、他のお店で食べたときは甘味が気になって美味しいと感じたことはなく、進んでオーダーしたことはなかったのですがここのんはよかった!!


IMG_5087.jpg


デザートはエッグタルトやゴマ団子(中身はカスタードだった・・・)、定番のマンゴープリンなども堪能。


このお店は外食チェーンの美心(マキシム)がやっていて、当初父はメニュー表でそれがわかるなりちょっと馬鹿にしてた風だったんだけど、お料理食べてマキシム侮れず、と感心&改心してた様子。

ぎょうさん食べて食べて食べまくって・・・お会計は一人3000円ほど。私以外はこだけ食べて3000円は安い、と満足気な様子だったけど、ランチの飲茶でこの値段はあきらかに食べ過ぎ。しかし女の子二人で行っても2500円近くはしてた気がするので相対的に高めのお店かもです。

でも大きな窓からはハーバービューが楽しめるし雰囲気も味も良いので本当お奨めです。





posted by 華 at 19:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

香港食べ歩記2008-夜上海-

7月に入ってから、二年ぶりに香港へ行ってきました☆
今回は私の父、母、兄と四人の家族旅行。メインはもちろん食!!

三泊四日の中でいかに充実した食事がいただけるかの死活問題(?)。初日の夜は何を食べるかと兄と論議。一回は上海料理を組み込むつもりでお店を検討してたんだけど、父の鶴の一声で決まってしましました。

ということで初ディナーはマルコポーロ香港内にある゛夜上海゛に決定ー。

zennsaiie.jpg


前菜として酔っ払い鶏、蒸し豚、ピータン。
酔っ払い鶏は老酒がしっとり染み込んでるんだけど、アルコールが飛んでいるのか気にならない〜。


iesyournpo.jpg


上海料理といえば、何はともあれ小龍包。


awabisoup.jpg


スープはあわびの入った海鮮物。


gyuunegiitame.jpg


牛肉と葱の味噌炒め。お肉柔らかい〜。美味しい〜♪


musyakuribu.jpg


無錫風スペアリブ煮込み。
見た目に反して(?)八角の臭いもきつくって、お肉もスペアリブやなぁって感じのちょいパサつきさがあってそんなに美味しくいただけなかった・・。私がオーダーしただけに落ち込み。。。お店のお奨めだったのになぁ。


kingkahamuhakusai.jpg


金華ハムと白菜の煮込み。これは金華ハムのだしがようでていて美味しい♪


okoge.jpg


このお店名物のおこげ、と春巻き。おこげの種類はいくつかあり。春巻きは野菜?の具が多めで他のお店とは違うかんじ。


yorusoba.jpg



〆はおそば。上海風のおそばをチョイスしたような・・。とろりと白濁したスープに反してあっさりしており、するするとお腹におさまりました。


以上、デザートも食する余裕なしの満腹状態。これに二十年ものの老酒とビールなどなどいただいて一人6000円もしないくらいのお会計。結構リーズナブル〜。

店内は薄暗くてモダンで洗練された内装。一番の売りはもれなくテーブルに置いてあるXO醤が最高に美味!!お料理が運ばれる合間はこれをつまみにビールいただいてました♪



posted by 華 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

富山&金沢旅行記−日暮れの金沢観光-

まだ続きがあったんですね。もう1ヶ月経ちますが・・。

さて、フードピア金沢で小腹(?)を満たした後はちょっとした観光。Yachiと結婚してから金沢にはよく来るのだけど、親戚のお家周りばかりで街歩きなどしかことがなかった!!

今回は伯父夫婦と途中で合流して、見所など案内していただきました。

21pool.jpg


もうお解りかしら、お解りですね。金沢21世紀美術館。

有名なプールです。上も下もお互い写真とりまくりみたいな(笑)。
初めての訪館でしたがここは良い!是非皆さんも行くべき〜。有料ゾーンと無料ゾーンに分かれてはいますが、無料ゾーンだけでも十分楽しめます。
ここかしこにくつろげるスペースがあって、アーティステックな空間でまったりするもよし。金沢市民羨まし。


美術館の後は、お約束〜、兼六園。

kenrokunignt1.jpg


この日は夜の特別拝観というのをやっていて、陽も暮れかけるころに到着。
そして伯父に教えてもらって知ったのだけど、17時以降は無料だそうでWラッキー。


暗い兼六園は所々ライトアップされていて昼間の佇まいとは全然違う雰囲気。

kenrokunignt.jpg


こういうのってなかなか見れないよね。

普段は帰り支度をするような時間からの観光もまた違ってよかったです。
またゆっくり行きたいな。
posted by 華 at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

富山&金沢旅行記−フードピア金沢で食べまくり−

富山&金沢プチ旅行の続き。

9日の土曜日は富山で素晴らしいお魚たちに舌鼓、そして翌日はお昼に金沢入りし、金沢では大御所的存在の千取寿司でランチ、というのが当初の予定。

なのに、なのに・・・・。

前夜調子に乗って飲みすぎた私。朝起きて二日酔いだったのだけど、ホテルをチェックアウト後、車に乗ると二日酔いが更に激しくなりとんでもないことにバッド(下向き矢印)

富山のお土産買いついでに高岡の道の駅に立ち寄りトイレへ直行soon

その後気分を取り直して名物高岡コロッケなど気分が悪いまま、食い意地には勝てず食べてみた。

takaokakoroke.jpg


かなり巨大。隣のちびこいのは白海老のコロッケ。こちらのほうがたのしみだったのだけど、白海老の練り物をそのままフライにしたようで期待する味ではなく。体調悪いのもあるけど。


そしてまた車にのると、またもやすごい状態に。高速でも途中インターに寄ってもらったりでかなりヘロヘロな状態。でも頭の中は千取でお寿司が食べられるかどうか。。絶対食べてやる〜!!とまたもや食い意地が勝ってる状態。

金沢東インターを降りて、市内の動いたり止まったりの運転でまたもやピークが・・。たまらんくなり、適当なコンビニに立寄り、そこでソルマックゴールドとの劇的出会いにより、飲んだらすぐに効いてきました。恐るべし、侮れずソルマックゴールド。最初から飲んどけばよかったよもうやだ〜(悲しい顔)

この時点でお昼近かったのだけど、千取に行くほどには回復せず、ランチ後に立寄るつもりだったお祖母ちゃんの所に先に。

そこで伯父から教えてもらったのがフードピア金沢という催し。
この日から3日間はフードピアランドと題して金沢の食以外にも全国の美味しいもんが屋台で集結、ということで地元の新聞にも大きく取り上げられていて、すでに3時近くなっていたので千取はあきらめて(泣)こちらに顔を出してきました。

umaimonniti.jpg


中央公園の敷地いっぱいに並ぶ屋台は圧巻。何から食べようか迷うので先にめぼしい屋台をチェックして効率的に食べ物GET。


sasebo.jpg


まずは佐世保バーガー。

sasebobaga.jpg


肉!な炭火パテ以外にもチーズやベーコンなどたっぷり使われており味も良いです。

utunomiya.jpg


次は食べて見たかった富士宮焼きそば。

utunomiyasoba.jpg


短めのソバとあっさりした味付けでした。


kagosimaramen.jpg


鹿児島の黒豚ラーメン。ここも人気で行列がぎょうさんできてました。


hidagyu.jpg


飛騨牛の串焼き。これは先に来ていた従姉のお奨め。


notokakiyaki.jpg


最後はやっと石川らしく?能登牡蠣。

notokaki.jpg


ここも行列が多く、私たちのちょい後ろで売り切れ。

朝からろくに食べてなかったのでかなり遅めの昼食ですが結構ガッツリいってしまいました。。てか二日酔いに食べるにはちょっとヘビーめなものばかりでしたね。
posted by 華 at 13:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

富山&金沢旅行記−はかま鮨で食べまくり−

先の土日を利用して、Yachiと富山県は高岡市、そして金沢とプチ旅行に行ってきました。

この時期の富山といえば、キトキトな海の恵、魚介類しかないでしょ〜♪、ということで、富山県在住であるYachiのお友達、がんちゃんにアレンジしていただき、わが夫婦以外にも京都から先輩のS一家や、西ノ宮からおいでの方もおられ、3家族+シングルが富山県高岡市に集結。

宴会の会場は高岡市からタクシー飛ばして15分くらいかしら?にあるはかま鮨さん。お鮨屋さんというとカウンターとかこじんまりしてるイメージなのですが、個室がたくさんあって、宿泊もできるお鮨屋さんなのです。

我らも個室に入り、がんちゃんにあらかじめオーダーしておいていただいたお料理を待つ。

と、ほどなく運ばれてきたお料理に感嘆!!


hakamamori.jpg


まずはお造り盛〜!!かなり豪快!

hakamaebi.jpg


海老(伊勢海老かしら?)の活造り。動いてる海老に、参加する三人のおちびちゃん達は大喜び、大人も大喜び。


hakamauni.jpg


うに。

その他、てっさもでてきました。


hakamazuwai.jpg


紅ずわい蟹は一人一杯。むちゃくちゃつゆだく(?)で美味しい蟹さんでした。一同しばし無言タイムが続く・・。


hakamaburi.jpg


ブリの塩焼き。


hakamasusi.jpg


あ、お鮨屋さんやった、と思い出させてくれるような鮨の盛。


このほか海老活造りのガラとあんこうのお鍋と、シメは雑炊で終了。こんだけ食べて、お会計が予想外のリーズナブルさで嬉しい驚愕。

さんざん飲んで食べて、蟹喰いタイム以外はしゃべりまくってあ〜、富山って最高!とお腹の底から実感させていただいた宴でございました。
posted by 華 at 08:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

おまけのぶらり香港歩き-殿方のお楽しみ?-

今回の画像は兄が7月末に香港へ一人旅した時のもの。目的はマカオでカジノとか旨い食事等々あったらしいのだけれど、そのうちの一つがスーツを誂えることと修理。

saisun.JPG


家族で香港へ行くと、ホテルから出てまず向かう先は父が30年以上前から利用している仕立て屋さん、ブリティシュ・テキスタイル。3泊4日の日程で初日生地及びパターン選び、翌日仮縫いすると最終日にはホテルを発つ前までに届けてくれるのです。


昔から香港ホテルのアーケイドにお店があったのだけれど、数年前の改装に伴いホリディインゴールデンマイルのアーケイドに移転され営業を続けてらっしゃいます。客層は現地の人というより見かけるときはいつも欧米系の方ばかり。↑の写真の方も、元香港駐在員のオーストラリア人らしく、友人と一緒にスーツ作りに訪れていたそう。

父は身長も低く万年妊婦のような腹の持ち主で、ぶら下がりのスーツでは合うものがなかったということも理由でしょうが、あまり既製のスーツを買っていた記憶がありません。だいたい渡航の都度2着はここでスーツを作っていたように記憶しています。

兄もそんな父のDNAを引き継いでか、スーツを誂えることの楽しみを知ったようで、ここ数年は父から兄に代替わり。色んな雑誌をチェックし、ダブルの幅は太く、とか袖のボタンの位置は高めに、とかポケットはあーしてこーして、とか女子にはあまり理解のできないこだわりを発揮してらっしゃいます。楽しそう。

価格も昔から変わってないように思うのですが2着でだいたい10万くらいが言い値で、さらに値切れたりします。ロロ・ピアーナのS150やバレンチノの生地で約5万円とはスーツがよくわからない女子でも安い!と思います。ちなみに今回はサマーウールで夏用スーツを1着だけ誂えたそうなのですが3万円だったそうです。やはり安い。

昔こちらで誂えたスーツのズボンを破いてしまい、泣きついたところまったくそっくりの生地を探し出してくれるなど、アフターもバッチリなのです。


殿方なら一度はオーダースーツいかがですか?なブリティシュ・テキスタイルに一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif



posted by 華 at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

香港ぶらり歩記-ファウンテンショー-

香港は観光産業で成り立っている都市です。香港政府観光局も毎年いろいろなイベントを企画し、諸外国から集まる観光客を楽しませてくれる・・と、その狙いがあったっているのかどうかは知りませんが、偶然こんなイベントに遭遇しました。

場所は九龍の時計塔付近の広場。毎夜毎夜の光のイリュージョン、シンフォニーオブライツは終わっているというのに人だかりが。係員に尋ねると、何かイベントがもうすぐ始まるから待ってなさいと。

長方形の柵の回りで待っていると、英語中国語のアナウンスが流れ、ファウンテンショーが開始。

fountain2.JPG




fountain3.JPG




fountain1.jpg


香港の街並みなどが映し出されているのは水で出来たスクリーン。このスクリーンを利用し、香港の歴史や文化、産業などの説明がされており、光と噴水のパフォーマンスが華を添えておりました。
立ち位置によっては水がおもいっきりかかるらしく、嬌声があがっていたのが楽しかったのとこちらに被害はなく安心。

すぐ終わるかと思ってたら結構長くて、Yachiと顔を見合わせて、゛もっいっかぁ゛と立ち去る観光客二人でありました。



日本も見習わなくっちゃ!な観光客誘致に頑張る香港観光局に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif
posted by 華 at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

香港ぶらり歩記-やはり夜景が素敵です-

香港名物といえば夜景。゛100万ドルの夜景゛と謳われていますが昔に比較するとちょっと寂しくなってるかな?と感じるところもあります。

しかし、やはり夜景を見るとまた香港にこれた嬉しさを実感します。しかもYachiと一緒の初香港。いつもにましてロマンチック感がUPです。


yakeisenntoraru.JPG


中環から九龍サイドに渡るスターフェリー上にてアドミラリティ方面を撮影。


yuuguresenntoraru.JPG


2日目の暗くなる前に、ハーバーシティを出たところで中環から上環方面を撮影。スコールの後で景色が曇っているのも素敵でした。


夜景の目玉(?)ヒサヤ大黒堂のどデカイ゛゛の看板がいつのまにかなくなって久しいのが寂しいところです。


やっぱ香港はこれだね、な夜景に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif
posted by 華 at 14:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

おまけの香港食べ歩記-皇后餅屋&許留山

毎食たっぷりとした量のお料理を頂いていましたが、おやつもお楽しみの一つ。

初日のおやつはエッグタルト。マカオが本場のエッグタルトですが、香港にもあちこちのお店でエッグタルトを見かけます。

コーズウェイベイをぶらついていると、ベーカリーが目に入る。

kougoumotiya.JPG


クイーンズベーカリーって、確か香港じゃ有名なパン屋さんよな・・とミーハー根性丸出しで店内へ。するとエッグタルトが!!しかもラスト2個!!。゛ダイエット゛エッグタルトの文字に一瞬ためらいを感じたけど、安いもんだし買う。

eggtalt.JPG


見た目は完璧。味は・・・蒸し暑い屋外で立ち食いしたこともあるけど、甘味が薄くてとても美味しいとは思えずふらふら
あとでしらべたら、ヌガーが有名なお店でした・・。他のパンも美味しいそうです。残念。


そして翌日のおやつ。
美味しいマンゴージュースを手軽に飲める許留山(ホウライサン)。あちこちに支店があるけど、今回はスターハウスの店で。Yachiはマンゴージュースを、華はフルーツ盛、これは小。

houraisann.JPG


甘いマンゴーたっぷりで糖分補給、疲れも取れます。しかし、マンゴーが甘すぎで苺やキウイが水臭かったのが残念。



ヌガーは美味しいハズな皇后餅店と安くて美味!な許留山に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif

posted by 華 at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

おまけの香港食べ歩記-恒香楼-

最終日のホテルチェックアウト後、飛行場(←表現古い??)に行く途中で旅行会社のツアーに組み込まれていた香港名物??エビワンタン麺も食してきました。

香港でツアーについてくるレストランでの良い思いでは一切なく、どんな悲惨な店につれていかれるんやろ〜。と覚悟してはいたのですがつれていかれた先は、意外にもニューワールドショッピングモール。

レストラン街の3F(だったかな)まで行くと、さすがショッピングモールの中だけあって、きれいな造りのお店で正午前だというのにお客さんの入りのそこそこで安心しました。

店の名は恒香楼。お手軽にワンタンメンやお粥、香港人大好きのご飯の上におかずをのっけたような手軽な食事、デザートをいただけるカジュアルな食事処ですが、NO MGS、化学調味料不使用を謳っています。


ebiwanntann.JPG


エビワンタン麺と、菜心というアブラナ科の中国野菜のオイスターソースがけ。
ワンタン麺はスープがあっさりしていて、麺も固すぎずとても美味しい。数年前にも一度、池記というワンタン麺の有名どころでいただいたことがあるのですが、そこよりも好きな味でした。

そして菜心。食べている途中で、葉っぱに大きな虫食いの穴発見で、主婦的本能(?)か細心の注意を払いながら頂く。ふとYachiが箸でつまんだ菜心を見るや否や、野菜以外のブツが目に入り、『それ食べたらあかん!』と小さく叫ぶ。Yachiは訳解らずビックリしてたけど。

ブツはなんと茹であがったてんとう虫。

気がついてよかった。

この時点で華は野菜を食べる気力を無くしていたのですが、Yachiはクレームをつけ、新しいのを一皿もらい、さらに華の残したのをぱくついてました。


azukimiruku.JPG


ローカル色の強い、小豆ミルクティーも頂きました。
香港のミルクティーは濃厚なので好きですが、小豆が入ったからどうなんだろう?という味。太いストローで小豆ごと吸引。こちらはYachiが残して華が頂く。


たぶん上記メニューで500円はしないだろうと思うのですが、ちょっと小腹がすいた時に立ち寄れるお店が発見できてよかったです。


おやつにワンタン麺はいかが?な恒香楼に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif

posted by 華 at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

香港食べ歩記-映月楼-

2泊3日の香港食べ歩き(?)はあっという間で、気が付けば(付かなくても)最終日。お迎えにきてもらって、免税店につれていかれて、軽く昼食とって、飛行場へ行くのみー。

でも最終日の朝食も無駄にはしません!!ということでまたまた早茶です。お店は超有名処、尖沙咀のスターフェリーピアすぐ近くの香港文化中心にある映月楼(セレナーデ)へ。

こちらへ行くのは初めてだったのですが、マキシムグループの店ということで味のイメージはだいたいついていました。普通に美味しいと。
そしてラッキーなことに、営業時間が以前は11時〜オープンだったのですが、つい最近から朝の8時オープンに変わっていてくれたおかげで訪問実現。

8時過ぎに訪れたのですが、お客さんはまばら。隣のテーブルは日本人女性のグループ。食べてる間に結構お客さんは入ってきてました。

メニューはオーダーシートスタイルで、好きなものにチェックを入れてウェイトレスに手渡します。

ebigyougautyoi.JPG


奥は絶対食べたかった蝦入りの韮菜餃。念願かなって涙出かけ。手前はお約束の水晶鮮蝦餃。両方とも満足ハートたち(複数ハート)




taroimoage.JPG


蜂巣脆芋角。
タロイモのコロッケのようなもの。これも滞在中に食べてみたいメニューだったので満足です。




ninnnikuharumaki.JPG


蒜茸長春巻。
春巻きのメニューがこれしかなかったのでオーダー。出てきて長っ細っで驚きました。にんにく味っぽいマヨネーズにつけて食べるのだけれど、スナック感覚で美味しく頂きました。中にもにんにくたっぷり風です。




syuumaimkaniko.JPG


蟹コ蒸焼買。
これも美味しい。牡丹庭でも同じのを食べたけど、お肉の質感とか味付けは全然違います。こちらのほうがあきらかに上品な味付け。




moutorimusi.JPG


北菰棉花鶏。
鶏と椎茸の蒸し物とは英記で解ったけど、FISH MAWって魚の何や??と謎なままオーダーした品。シュワシュワの白い物体。帰国して調べたら魚の胃袋でした。



pitankayu.JPG


皮蛋痩肉粥。
こちらも牡丹庭で同じものを食べたけど、ピータンの量とかが全然違いました。結構食べたけど完食。


本当はビクトリアハーバーを眺めながら食事ができるのですが、この日は朝から雨が降っており、大きな窓は水滴に曇り、寂しげな景色になっちゃってたよ。残念。


日本人の口にあう、美味しい飲茶がいただける映月楼に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif








posted by 華 at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

香港食べ歩記-王子飯店-

しばらく他のネタの記事を書いていたのですが、香港食べ歩記再開です。
書いておかないと記憶が・・・。

さてさて、香港2日目の夜の食事場所として選んだのは、尖沙咀北京道のペキンロード・ワンにある夜景が綺麗と有名なレストラン、王子飯店(プリンスレストラン)。

飲茶やイタリアンなどがたたってか、9時過ぎのディナーにもかかわらずお腹の減り具合がイマイチ・・なので今回はアラカルトでオーダー。



tukidasipinaatu.JPG


付だしのナッツ。



butanokawa.JPG


豚皮パリパリ揚げ。
滞在中、いっぺんは食べたかったメニュー。パリっ油ジュワ〜んで満足。ビールビールが進みます。



ebonosyouyuyaki.JPG


蝦の醤油焼き。
シンプルな味つけ。殻まで全部いただきました。


butanoitigo.JPG


スペアリブの苺炒め。
この店のスペシャル?ということでもの珍しさも手伝ってオーダーしたが・・・。絶対苺ジャム使ってるやろー、と感じさせるところが許せなかった。フレッシュなんでほんのり苺を感じる・・という先入観が木っ端微塵に。



oujityouhan.JPG


王子炒飯。
お腹も膨れてきたところで、ご飯ものでも、とメニューを見ていたら゛玉子炒飯゛の文字が。『たまごのチャーハンてえらいシンプルやなー』と話していたけどよく見たら店の名前を冠した゛王子炒飯゛・・。
これが美味しくて、さっきの苺でやられた気分も回復グッド(上向き矢印)



隣のテーブルにはビジネス関係で滞在していると思われる日本人男性の団体が。あとは時間も遅目ということもありお客の姿はまばら。最終日に空港まで送りにきてくれた現地の添乗員さんにこのレストランで食事をしたことを話すと、『美味しかったの〜?』と現地人はあんな店には行かない、とでも言わんばかりのような聞き方をされちゃった。

店内は綺麗で香港島サイドの夜景も素敵でしたが、ディナーで真剣に食事するよりも、お昼に軽く飲茶くらいが良いお店かもです。


なぜかスシ・バーもあったりする王子飯店に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif

posted by 華 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

香港食べ歩記-ISOLA Bar+grill-

香港でのランチは1回のみ!(最終日の昼はツアーについている軽食のみなので)
最初からイタリアンに行くぞーパンチと決めておりました。

但し、当初は尖沙咀東にあるグランドスタンフォード インターコンチネンタルのミストラルに行きたかったのですが、2日目の正午過ぎはセントラルのIFCモールにいたため、わざわざ時間をかけていくのも・・ということで、IFCモール内の人気イタリアン、ISOLA Bar+grillに変更。

早茶でお腹も減らず、14時半少し前にお店に行くもまだ満席らしく、「バーコーナしか空いていない」と言われたのですが、テーブルが空くまで待つと伝えると、なぜかすぐ案内していただけました。

ランチタイムはコースが1種類のみのようで、本日のスープor前菜のブッフェ、メイン、デザートのブッフェ、コーヒーor紅茶の組合せ。


isolapan.JPG

パン盛合せ。



isolazennsai.JPG

前菜のブッフェ。
華のとってきたもの。これ以外にもまだ種類はあったのだけれど、お腹と相談して。生ハム類はやはり美味しいです。



isolayachi.jpg

前菜盛りにご満悦ハートたち(複数ハート)のYachiと明るい店内。
Yachiはお約束で前菜のおかわりに走る。そして窓からはお約束のオーシャンビュー。



isolafittine.JPG

グリーンピース、ハム、シイタケの自家製パスタ。
華の選んだメイン。Yachiはチキンのソテーを。メインは8種類ほどから選べるのだけれど、Yachiに料理の内容を伝えるのが大変。




isoladezer.JPG

デザート盛り。
チョコケーキは濃いかな〜、と思ったけど味が良くてあっさりとお腹の中へ。
プリンも当初はあったのに、華が取りにいった時には無くなっていました。残念。。
チーズも数種類置いてあり、満足。あとはコーヒーをオーダー。


以上のようなメニュー構成のランチはあと他にロイヤルガーデンのサバティーニやCOVAで頂いたことがあるのだけれど、味も雰囲気も断然サバティーニの方が上だわ。どこも価格はだいたい同じかな。

余談ですが、席の横には30名近い団体さんがテーブルを横にくっつけて食事をとっておりまして、お会計はグループの中では一番年配っぽい男性二人が担当していたそう。
「ここは僕等で支払っておくよ」「だめよ、こんなに沢山の人数なのに・・」「いいからいいから・・」
とこんなやりとりが繰り広げられておりました。すごい太っ腹ってか金持ちー。



眺めもご馳走のうち!開放感溢れるイタリアンレストラン、ISOLAに一票お願いいたします☆→banner_02.gif
posted by 華 at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。