2006年07月18日

香港食べ歩記-牡丹庭-

今日は香港到着日の翌日、7月10日の朝食。
2泊3日と、滞在時間が短い中でより食を追及するなら、朝から飲茶=早茶exclamationと出発前から香港でも早茶の食べられるお店を探しておりました。

そしてここだっひらめきと白羽の矢をたてていたのが牡丹庭。お店も清潔で味も美味しいということなので楽しみにしておりました。

早茶は初の経験で朝から食えるかなぁ〜、とも思っていたのですが、昨夜はフォーシーズンズで遅めの夕食だったのにもかかわらずお腹がもう空いている不思議さ・・・。

8時頃ホテルを出て、ぺニンシュラの西側の漢口道を北上すると、ガイドブックには必ず記載されている竹園海鮮飯店があるのですが、そちらと同ビルの何階かは忘れたけど上のフロア。ビルの前にはお店の看板が出ています。



広い店内は1/3ほどの入りかな。現地の方ばかりでしたが一人で新聞を読みながらお茶を飲んでいるおじさんや、朝からおばばのグループがワイワイしてたり、一家族三世帯で朝食をとっていたり。


早茶をしているお店はたいていモーニングサービスよろしく料理の価格を下げていることがほとんどのようなのだけれど、このお店もそうで、オーダーシートと供に、今朝のサービス価格料理の一覧も持ってきてくれました。

とりあえず点心オーダー。

siensuisyouebi.JPG


水晶鮮蝦餃。
お約束の品。大ぶりの蝦がごろごろ揺れるハート


sienyamatakeusi.JPG


山竹牛肉珠。
皮のないシュウマイの一種で、肉種の中にコリアンダーや、クワイなどが混ぜ込まれています。これも好きな点心の一種。


sienkanikosyuumai.JPG


蟹コ蒸焼買。
皮の中はミンチの豚肉ではなく、ぶつ切りになったような大き目の肉がたくさん。味付けが濃いめ。


sientouchi.JPG


鼓汁蒸排骨
豚スペアリブの豆鼓蒸。これも必ず頼む一品で、骨をしゃぶりながら美味しくいただきます。


ここまで来てお腹と相談、Yachiはお米が食べたい派なので、お粥をオーダーしました。

sienpitangayu.JPG


皮蛋痩肉粥。
ピータンと豚肉のお粥。トッピング用の揚げ皮を載せすぎてしまいました・・・。


これで早茶終了。お茶も沢山飲んで、お腹いっぱい〜グッド(上向き矢印)
本当は春巻きもオーダーしていたのですが、忘れられていたようで、それはそれでよかった。


で、お会計。
見ると80H$したかしないか。日本円で1200円程だったかなー。この内容では安いです。やっぱ。
久しぶりの本場飲茶を満喫できましたるんるん


便利な場所で美味しくいただける牡丹庭の飲茶に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif








posted by 華 at 10:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

香港食べ歩記-龍景軒-

今日から数日にわたって、香港での出来事(食限定に近い・・)をぼちぼちUPしていきます。

本日は、香港初日(7月9日)に頂いた晩餐、Four Seasons Hotelのチャイニーズダイニング、龍景軒

ホテルに連結するIFCモール内のレンクロでショッピングしつつスタッフに行き方を尋ねると、エレベータを案内され乗り込んだのですが、このエレベータがすでにフォーシーズンズのものでボタンの横には"LUNG KING HEEN"の文字。

エレベータを降りるといきなりレストランで、ちょいとびっくり。

linkinheen.JPG


予約をしていたので案内係の小姐に名前を告げると、喫煙席か禁煙席か聞かれる。事前にメールで禁煙席を指定しておいたのに??

そして無事席に案内され、メニューを見て少し動揺。事前に案内されていた情報によるとセットメニューは2種類。単品でもシェフのお奨めメニューが2ページほどあったのに、内容が変わっており、セットメニューは1種類、グランドメニューからもシェフのお奨めが消えていました。

食べてみたいと思っていたメニューも無くなっているのがあったりで、9品で構成されるセットメニューを選ぶことに。スープと海老、アワビ料理は各2種類あり各々が好きなものをチョイス可能。価格は香港では縁起の良い八の並ぶ888H$。

ドメスティックビール、サンミゲルで喉を潤していると、メニュー外の小さな一皿が。

roastbeefape.JPG


「ローストビーフでぇす」とのこと。お野菜、スイートチリソース、肉のハーモニーでっせ。おなかも空いていたのも手伝ってか、これから出てくるお料理に期待を持ちました。でも中華って感じはゼロ。





bakuclubmeat.JPG


蟹の甲羅詰めフライ。
解りやすいように、フライの部分をはがしてあるのですが、蟹肉が無茶苦茶詰まってるクリ−ミーな餡。このころ至福の時。これもまた中華っぽくない。





tohuhukahire.JPG


フカヒレと豆腐、ホタテのスープ。
スープは酸辣湯かどちらか選ぶことができたのですが、Yachi共々こちらに。
華好みのピンピンしたフカヒレ揺れるハートスープは上品中の上品(?)な薄味だけに、時折口に入る豆腐と食べると味がほとんどしないような。もう少し濃いほうがよかった。





robusutako.JPG


ロブスターのライスワインと生姜のソース。
華の選んだお料理。失敗バッド(下向き矢印)ロブスターって大味なんだよなー。特に蒸しただけの状態のせいか、泥臭さが鼻についてしまい、ソースも薄味すぎて臭いを消すには至らず落ち込む。Yachiのほうが美味しかったから特に。





kingprawn.JPG


大海老のクリスタルソース。
Yachiのを少し分けてもらったのだけれど、大蒜が効いたソースとブリブリの海老がとても美味しい〜もうやだ〜(悲しい顔)大きさに負けてロブを選んだ華があほでした。





abaron.JPG


まるごと鮑と椎茸の煮物。
鮑の部でYachiが選んだもの。華は鮑が食べられないので(体質的に)味見していませんが美味しかったそう。うらやましい。





porkspysy.JPG


豚のスパイシーソース炒め。
鮑料理の変わりにお店の方と相談して決めたお料理。全体的に薄味で進んできたのに、いきなり濃〜い味付けだったので口がびっくりしてました。味はもちろんおいしいけど、特筆するほどでもないかなぁ。





wagyuusote.JPG


和牛のソテー。
牛にしても豚にしても“和牛”とか"黒豚”など日本の食材がメニューに。やはり旨いものとして食の香港でも重宝されているんですね。
お肉はもちろん柔らかくって、ステーキを食べている感覚。ソースの味も濃くないし。





seazonalvegi.JPG


お野菜の炒めたの。
西洋料理でいえば、お肉料理のあとのサラダなのか?量がたっぷり。ほっこり味で乾貝柱が浮かぶ汁だく。あとででてくるご飯ものと一緒に食べるとなお良しでした。





gokokutyaohan.JPG


ガチョウと鶏と魚の炒飯。
炒飯というより土鍋ごはんでした。少しこげているところの歯ごたえがよく、美味しくいただけました。





mangopomero.JPG


楊枝甘露(マンゴとポメロのデザートスープ)。
激ウマ−わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)甘いのが好きでないYachiも絶賛しておりました。
香港ではマンゴープリンと並ぶ定番デザート。ポメロはグレープフルーツのような柑橘類ですが、粒々の実がさっぱりでマンゴの濃厚さと相まって満足ひらめき





kurimupahuto.JPG


クリームパフと胡麻クッキー。
胡麻クッキーはちんすこう似(笑)。クリームパフは食べたかったものなのでうれしい。ラードでサクサクの皮の中に、カスタードクリームがトロリで美味しかった。



以上がコースメニューの全容。
美味しくいただけたものと、そうでないものもあったのが残念。お料理は全体的に薄味で、ヌーベルシノワというのでしょうか?ホテル同様洗練された感が漂っていました。華個人的にはもう少し中華中華しているほうが好きかも。

大きな窓からは尖沙咀の西側の夜景が望め、ゆったりとした気持ちで食事をいただけました。

華たちは9時入り(ラストオーダーは10時半)だったのですが、10時を過ぎた頃、西洋人の年配の夫婦が入店し、北京ダック丸々一羽(二人でっ!!)をオーダーし、マイペースで夜景を眺めながら無言でお茶をすすりつつお食事されていた姿が堂々の貫禄で、夜景よりもそちらに目がいっておりました。



末広がりプライスで食べたら縁起もいい?なフォーシーズンズホテルのコース料理に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif













posted by 華 at 13:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

楽しいけど疲れる旅のプランニング

待ちに待った香港旅行があと3日と迫ってきました。

もちろん何の用意もしてませんが、旅の情報収集は楽しいもので、こちらはボチボチと。

香港旅行の目的=食。

ということで今から体重を落し、帰国後の体重がすごいことにならぬよう整えているという周到ぶり。

しかーし、なんといっても2泊3日しかないので、あちらでの食との出会いは一期一会。

初日のディナーはもう決めていて、まだオープンして間もない四季酒店(Four Seasons Hotel)の龍景軒(Lung King Heen)。
スーパーデラックスホテルのダイニングなだけにかなり楽しみです。

ホテル側にが2人用のコースメニューがあれば内容を教えてほしいとの問合せをしたのですが、ご丁寧にもグランドメニューも一緒にデータで送り返してもらえました。

rinkinhin.JPG

セットメニューのもあわせると全部で15ページ。筆頭ページはフカヒレーだのツバメのスーだのアワビーだの高級食材御三家が。
日本語表記はもちろんなく、中国語&英語表記なので「これどんなんかな〜?」(二鶴風に)とイマジネーション広げすぎて、そして疲れるバッド(下向き矢印)というパターンをここ数日過ごしております。

これまた香港食通であるHam&Kei様の情報も参考にさせていただいたりして。



guidbook.JPG

↑こちらは定番モノ。最新版が図書館に揃っており、助かりまするんるん飛行機での時間つぶしに。


香港はすでにセールが開始爆弾で気疲れしている華に一票よろしくお願いいたします☆→banner_02.gif

posted by 華 at 17:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

旅の予約完了!

7月9日から香港に行くことだけ決めていて、3日間にするか、4日間にするかとか、ホテルはどうするか、ってのはなかなか決まりませんでした。

期間が長ければ、立地の多少不便なホテルでもOKな訳だし、逆に短ければアクセスの良いホテルでないといけないし。。って要は日数の問題だったんですけどね。

華の10回を超える香港滞在パーターンは3泊4日ばかりだったので2泊3日じゃものたりないと考えていたのですが、やはりYachiの仕事の都合にもよるので2泊に決めました。

空港までの送迎があるのと費用安っexclamation&questionでいつも観光ナシのツアーを利用しているのですが、2泊で行くならスターフェリーやハーバーシティ近くのランガムホテル宿泊ツアーに白羽の矢を立て、探した中では一番費用の安い日本旅行にTELするも

玉砕end

安くで行けるキャセイのツアーは満席ですとバッド(下向き矢印)

色んなパンフやインターネットで検索して、納得したものだったことと、エアが満席ということは他の旅行会社もあかんのかexclamation&questionと一瞬頭が真っ白になりましたが、とりあえずキャンセル待ちし、JTBで探すともっと条件の良いのがあり、空きがあるということで速攻で申し込みましたphone to

ランガムからシェラトンに変更。

どこのツアーでもランガムよりシェラトンの方が高いのに、JTBの早期割引のツアーはとてもリーズナブル。

shieraton.jpg

リノベーションをしたのでお部屋は大層綺麗らしいです。狭いのがネックかな。

wash.jpg スケスケで有名なバスルーム

飛行機ホテルが決まればあとは滞在スケジュールを組み立てていくのだけれど、これが楽しく、ネットで香港モノを検索目中です。


お奨めレストランなどご存知でしたら教えてください!よければ一票お願い致します☆→banner_02.gif




posted by 華 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

パスポートの訂正申請

Yachiと二人で香港への飲食購買旅行を7月にと検討しています。
ぼちぼち旅行のプランを考えな。。ということで、一番重要なのがパスポート。

Yachiはパスポートの有効期限決定

問題は華のパスポート。

そう、パスポート持ってて結婚した女性の98%以上の方(←あくまで華の推測)が直面する問題だと思うのですが、結婚によって姓が変わったのでなんとかしなくては、ということです。(新婚旅行は入籍前で旧姓で行きました。)

華が持ってるパスポートは10年もので作ったのが7年前。まだ結婚の糸の字も考えていなかった頃で、旅券センターで“この先結婚のご予定は?"などと聞かれて

『いえまったくございませんexclamation

と答えたのを覚えています。

年頃のオンナに失礼な事聞く旅券センターに関しては、友人に『結婚したらパスポート作り変えなあかんからやで』と教えてもらっていたのですが、だからといって結婚の予定もないくせに、あらぬ心配をして5年ものを作るという行為もなんだか情けなくて当時の華には出来ないことだったのです。

でも『結婚したらパスポート作り変えなあかん』はガセで、パスポートはそのままで氏名の変更だけできる訂正申請という方法があるということも調べれば簡単にわかりました。

そして決断の時。

訂正申請を選びましたよ。だってまだ2年以上有効だし、費用は900円でできるし。

パスポートって10年もので作るのに16000円もかかるんですねexclamation結構するのでびっくりしました。

teiseipas.jpg


旅券センターでは新たに作る直すことを薦めるようなかんじだったのですが、その理由としては、訂正の場合は顔写真の印字面の旧姓の名前やサインはかわらないので入国の際にいろいろ説明を求められたり、パスポートが必要な場合の買い物(トラベラーズチェックを使うとか?)で拒否されたりなど場合によっては面倒らしいのです。

↑の画像が訂正の印字がされたパスポート。
従来の顔写真のページに"SEE PAGE4(4ページ見てね)"と小さなハンコが押され、4ページを開くと新しい姓名と本籍が印字されています。

問題があるといっても、入国の時はあらかじめ4ページを開いて審査官に渡すとかすれば、向こうも慣れたものでちゃっちゃと手続きしてくれるらしいのですが、イジワルな人(?)にあたるかもなわけで、運のものもあるでしょうが行き当たりばったりで進もうと思います。

他の方はどうしてるんですかね?



もし参考になったなら一票いただくとうれしいです☆→banner_02.gif
posted by 華 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ホテル日航金沢で結婚式

昨日、4月29日はお日柄も良いなか、華の母方従弟のKくんの結婚式に出席するべくYachiを運転手に、華一家とワイワイ金沢まで北陸道をとばし。

ホテル日航金沢のロービーチャペルでの結婚式から参加してまいりました。

chapel.jpg


ロビーといっても、結婚式がある時はパーテーション代わりのウィンドウが閉じられるため、丸見えということはありません。興味のある人はこっそり覗きにくる目かんじ。造りはなかなかロマンチック。

IMG_2024.JPG

緊張しているわりに長い誓いのキスキスマークをするKくん。スレンダーで綺麗な奥様Mちゃんにメロリンなんだなーハートたち(複数ハート)







式終了後は親族写真撮影、そして披露宴会場へ。
posted by 華 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

箱根旅行記-小田原城散策編-

日曜に無事に弟君の結婚式が終了し、翌月曜日は帰途につきました。

11時過ぎにホテルを出発し、小田原駅へ。

新幹線は14時20分のチケットで、まだまだたっぷり時間があったのでYachiと二人で小田原城まで足をのばしました。

joeodawara.JPG


タクシーで通り過ぎた時は結構な距離があるのかな?と思いきや、徒歩でもすぐ。あっというまに小田原城址公園につきました。

お昼時でお茶屋さんに目を奪われ、当初気が付かなかったのですが・・

umeko.JPG


象がいたっexclamation&question

看板からの情報では、象さんの名前はウメ子さん。1950年、推定3歳でここに寄贈されたらしいです。御年59才で結構なご長寿。

ここではっと思い出したひらめきことがありました。中学時代に読んだ川原泉さん著の漫画でたしか小田原と象が出てくるお話があったなーと。
この漫画で“小田原には小田原城があるんやー”と初めて知ったような記憶が。

早速ネットで検索してみるとありました。“フロイト1/2”
川原さんの描く漫画のお話は独特の世界で、ほのぼのとかせつなさとかの感情が入り交じりながら何度も読み返していたような・・。(借り物でしたが)

思いがけず中学時代の漫画少女だった頃を思い出してしまった小田原城&ウメ子さんとの対面でした。






ウメ子さんのさらなる長寿を祈って一票お願いします☆→banner_02.gif
posted by 華 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

箱根旅行記-富士屋ホテルでWEDDING編-

さて、日曜日は一日Yachiの弟君の結婚式。

弟君は大学時代を京都で過ごし、以後就職して大阪在住。
奥様は九州は福岡のご出身。学生時代以降大阪在住。

そんな二人がハレの日ムードの舞台をこの富士屋ホテルに決めた理由は・・誰も知らず(笑)


今日は、富士屋ホテルの結婚式模様を一部(ほとんどお料理・・)ご紹介いたします。WEDDINGスタートっ
posted by 華 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

箱根旅行記-富士屋ホテル宿泊編-

今週の日、月曜日にかけて、Yachiの弟君の結婚式が箱根の富士屋ホテルで行われ、Yachi一家でお出かけしてきました。

箱根は初めて!しかも富士屋ホテルなんて素敵ぴかぴか(新しい)や〜んハートたち(複数ハート)と行く前からドッキドキでしたわー。

京都駅からヒカリで約2時間、小田原駅からタクシーで約30分温泉街いい気分(温泉)をぬけながら着きました富士屋ホテル!

fujiyakannbann.JPG








続きを読む
posted by 華 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。